お役立ち資料

工務店・リフォーム店・塗装工事店さん必見! チラシやDMの種類と相場、反響を増やす秘訣とは?

日頃、チラシやDMが自宅のポストに投函されることも多いかと思います。

「今日は多いなぁ」などと思いながら選別されるかと思いますが、実は、ここにチラシやDMのメリットがあります。それは「必ず目に触れる」ということ。TV-CMと同様に、多くの人に貴社のサービス内容を認知させることができます。

さらにもう1つ、チラシやDMは印刷物のため、受け手が気になったら「保管される」という点もメリットです。つまり何回も反復して見られることになります。 このように効果が期待できるチラシやDMですが、やり方によっては効果が上がらないこともあります。そこでまずは、チラシやDMの種類や媒体ごとの特長について、見てみましょう。 


 チラシやDMの種類・特徴・相場 


チラシやDMの種類は、大きく3つに分けることができます。 それぞれのメリット・デメリットを表にまとめると、以下のようになります。



では、それぞれを詳しく見ていきましょう。 


 折込チラシの特徴と相場 




チラシの王道といえば、新聞の折込チラシといえます。年配の方や主婦に多く見られる傾向があるので、たとえば住居を購入して20~30年ほど経過しているリフォーム・修繕需要層への訴求に有効です。

考えないといけないのは、媒体によって客層が異なる点。リベラル派のイメージの多い日経・朝日・毎日に比べて、庶民派の読売・産経と言われています。貴社の狙いに合わせてうまく掛け合わせる工夫が必要です。
また近年は電子版に移行し、若者の新聞離れも懸念材料です。20~30代に需要が多い新築・分譲・注文住宅を販売している会社さんは、ネット広告を検討したほうが良いかもしれません。

費用は半径5km圏内・3万部配布で15~20万円程度。 半径を狭めて複数媒体でローラー作成をすることも常套手段です。 

 折込チラシの広告例

顧客層:高齢層・主婦層 

配布数:3万部 

エリア:半径5km圏内 

費用感:15~20万円

 


 ポスティングの特徴と相場 




ポストにチラシを投函するのがポスティングです。ポストに入るものであれば形状は自由。チラシからパンフレット、冷蔵庫に貼れるマグネットタイプの広告なども配布できます。

ポスティングの一番のメリットは、実は高度にシステム化されて「いない」点。人力によるアナログな配布なため、「屋根/外壁が傷んでいる戸建て」「古いマンション」など、細かく狙い撃ちができて無駄撃ちも減らせます
課題は、ポストに「チラシお断り」といった表示のある住居への配布ができない点。また、印刷とポスティングで業者が異なる場合は、発注タイミングに注意が必要な点です。 

 費用は、A4両面カラーのチラシを1万部配布する場合、印刷費で5万円、ポスティング費用で10万円といったところで、新聞折込よりも高いですが、ターゲットを細かく狙える点で優位です。 

 ポスティングの広告例

顧客層:築古物件など指定可能 

配布数:1万部 

エリア:半径2km圏内 

費用感:15万円

 


 郵送/宅配DMの特徴と相場 




こちらはポストに投函される郵送物を指します。かつては住所・氏名が特定できないと配布できず、リスト業者から住所録を購入する必要がありました。現在は住所録不要、エリア単位や集合住宅単位での郵送もできますので、以前よりも費用を抑えられています(日本郵便「タウンメール/タウンプラス」、クロネコヤマト「クロネコエリア便」など)。

新聞折込と異なり媒体に左右されないので、若年層への訴求も可能です。課題は配布できる形状に制限がある点、集合住宅単位で細かく指定する際は不動産情報などから築年数・分譲/賃貸などを割り出す必要がある点です。

費用は、A4両面カラー1万部を配布する場合、印刷費で約8万円、配送料でおよそ40万円。他の媒体と比べて費用が割高なので、確度の高いターゲットに絞り込み、部数を抑えることをおすすめします。 

 郵送/宅配DMの広告例

顧客層:物件/地域を指定可能 

配布数:1万部 

エリア:指定物件/丁目 

費用感:48万円

 


 チラシやDMの費用対効果は?  


お問合せを取りに行く手段とはいえ、それなりの費用をかけるので、費用対効果は気になりますよね。そこで、具体的な数値を調べてみました。 

 日本政策金融公庫によれば、一般的に新規開拓時のDMの反響率は0.01~0.3%とのこと。ただしこれは幅広い業種においてのことですので、具体的に建設業の実例を見てみましょう。

都内の地元密着のリフォーム会社さんの場合、 7,000部のチラシをポスティングしたところ、反響2件だったそうです。つまり反響率は0.02%。 掛かった費用は13万円とのことでしたが、結果、お問合せ2件のうち1件受注できたので、十分元を取っているそうです。
もちろん、配布先を十分精査したうえで実施しての数字ですので、相応の工夫が必要なのことは間違いありません。 

ではチラシ/DMの反響について、もう少し詳しく見てみましょう。下記の調査結果は、DMの反響についての数値です。実際に送ったDMが、どのような行動に結びついたのかについて追跡・分析されています。


(出典:一般社団法人 日本ダイレクトメール協会「DMメディア実態調査2020」)

この表で注目したいのは、「購入した/資料請求した/問合せた」といった、いわゆる「反響」といわれる行動の総数が4.5%である一方、「ネットで調べた」は、それを超える6.7%も存在する点です。

つまり、チラシを見たけどお問合せまで行かなかった顧客予備群を、ホームページで十分拾えることを意味しています。 これを業界用語でいう「クロスメディア」になります。 


 チラシやDMの反響を増やすためには? 




TV-CMで「続きはWebで!」というのを見たこともあるかと思います。実は今の時代、この他媒体を横断する「クロスメディア」に効果があることが実証されており、一般的になってきています。

チラシからの反響がない/少ない、あるいはこれからチラシと撒く予定で反響が心配な方は、まずはホームページの整備を進めてみましょう。それによって、チラシとのクロスメディア・相乗効果が見込め、機会損失も減らせるからです。

もしホームページを既にお持ちで反響がない場合は、メリットを十分活かせていない可能性がありますので、ボトルネックがどこにあるのか、点検・調査することをおすすめします。

ホームページの整備の方法が分からない方、現在のホームページの効果が不安な方は、ぜひお気軽にBRANUまでお声掛けください。結果の出るホームページ制作や活用方法をご提案させていただきます!  


★無料資料ダウンロード★

上記の記事を資料にまとめています。無料ダウンロードをご希望の方は以下をご記入のうえ、「送信して無料ダウンロード」ボタンを押してください。