お役立ち資料

目的遂行力の高さで建設業界でも人気! LP(ランディングページ)の概要とメリット・デメリット・相場感や注意点のまとめ

Web施策に取り組んでいると「LP」(エルピー)という 言葉を見聞きする機会が出てくると思います。
この「LP」は何かというと、1つの目的を遂行するため“だけ”に作られた、特殊なホームページのことです。その目的遂行力の高さから企業規模を問わず幅広く活用されており、建設関連会社でもLPは多数導入されています。

そこで本資料ではこの「LP」についての基礎知識、 概要からメリット・デメリットのほか、 導入・運用時の注意点などもまとめてみました。 ホームページからの受注が思わしくない時など、 ぜひご参考にされてください。


 「LP」(ランディングページ)って、なに? 


「LP」はLanding Pageの略で、直訳すると「最初に着地した(たどり着いた)ページ」となります。解析・分析の場では上記の意味で使う用語もありますが、本資料ではWeb広告分野の「LP」、つまり目的遂行のために特化したホームページのほうのLPをご紹介します。

まずLPの主な特徴を以下にあげてみます。おそらく何回かご覧になったことがあるかもしれません。
  • 1ページのみで完結している(縦に長い)
  • 派手なデザインが多い
  • 他ページへのリンクがほぼ無い
  • 目的は訪問者の申込みや購入など「行動」を誘導すること(一般的なホームページは、情報伝達が主目的) 
一般的なホームページと大きく異なるのが、最後の「目的」です。印刷物に例えるなら、ホームページは会社案内や事業案内、LPはチラシやポスターに相当します。




 LPは、なぜ結果が出やすいのか? 


LPは多くの企業で採用されていますが、その理由は「結果が出やすい」からです。ではなぜ、LPは結果が出やすいのでしょうか? 普通のホームページでは駄目なのでしょうか?  
もちろん一般的なホームページでも結果は出せますが、LPは「訪問者のアクション獲得」に特化した作りになっているため、より結果が出やすいのです。その理由をいくつか検証してみましょう。 

 効果が出る理由その 1:自然と御社の術中にはめる”囲い込み”の構造 

LPは、訪問者の知りたい情報を1ページ内に網羅しています。そしてリンクを極力なくすことで、離脱の原因となる他のページへの遷移を防ぎ「囲い込み」をします。
ただ読み進めていくだけで情報のすべてを呑み込ませる、まさに「いつの間にか御社の術中にはまっていた」状態に持っていくことができます。 




 1つの工事内容に絞ってたっぷり訴求できる


 効果が出る理由その 2:受注したい工事内容をじっくり提案できる 

LPで売りたい工事(またはサービスや商材など)は、1つに絞り込むのが一般的。複数売りたい場合は、それぞれにLPを作るのが基本です。つまり最初から、特定の工事受注を目指して、客層も含めて「狙い撃ち」を仕掛けているページになっているのが特徴です。

また1種類の工事受注に特化した独立ページのため、上層ページや姉妹ページとのデザインやトーン、文字数などを一切気にすることなく、1ページ内に工事の売りをしっかり網羅し、工事内容に合ったデザインでアピールすることができます。そのため、もしホームページの一部に組み込む場合は、なるべくデザインの制約が少ないシステムを選び、相互リンクは外して、独立したページとして顧客を囲い込めるようにするのがBetterです。


 営業トークをLP上で再現できる


効果が出る理由その 3:理想的な順番で情報を伝えられる 

テレビの通販番組を思い出していただくと分かりやすいかもしれません。お客様にご契約やお申込みをいただくには、適切な順番で情報提供することが大切です。これに近いことが再現できるのも、LPの利点です。
LPは1ページ内で完結し、単純に(強制的に)下へスクロールさせながら読み進ませる構造になっています。つまり御社の営業さんの必勝パターンを、そっくりそのままLP上でストーリー展開もできるのです。



- - - 
LPがお問合せにつながりやすい理由を検証してきましたが、このほかLPのメリットとして、制作ページ数の少なさから、「一般的な企業ホームページよりも制作費が安い」ということもあげられます。 このようにLPは結果が出やすい一方、デメリットもあります。次ページより取り上げていきます。 


 LPのデメリット 


デメリットその 1:インターネット広告との合わせ技が必須 
LPは、GoogleやYahoo!などの検索サイトからの自然流入はほとんど期待できません。理由は、単一ページで情報量も限定的であることなどがあげられます。つまり検索上位に表示される可能性が低く、検索サイトからの集客が期待できないのです。

そこで一般的に併用されているのが、インターネット広告による集客です。インターネット広告は集客したい客層を細かく絞り込めます。広告は費用こそ掛かりますが、その特性を活かして特定の客層向けのLPにすることで、さらに結果も出やすくなります。

これを突き詰めた例として「商材は同じだけど客層ごとに内容の異なるLPを制作する」という手法も意外と多く使われています。 たとえば同じキッチン改修工事でも、子育て世代向けの広告→LPと、高年齢層向けの広告→LPの2パターン設けるなど。これは対面営業で「客層によって適したアプローチに変える」というのと同じです。 


 改善し続けることで効果が出やすくなります 


 デメリットその 2:効果を発揮させるためにはPDCAが必須 

LPは目的が明確なぶん、結果も明確です。一般的なホームページのように「認知には役立ったかも」「情報伝達はできたかも」といった曖昧な部分はなく、LPの目標に据えた「お問合せ数」や「お申込み数」が明確な結果・数値となります。
さらに集客用の広告費も絡んでいるため、目標達成したかどうか、目標達成を阻んでいるものは何か、広告ターゲットの設定や予算は適切だったかなど、常にPDCAを回して数値を改善していかないと、無駄な費用を掛け続けてしまうことになります。

こうしたLPの効果検証には、多くでヒートマップ導入されています。ページのどのあたりが一番見られていて、その部分で離脱しているのか、どのボタンが押されているかなど訪問者の細かい動きを把握でき、改善スピードを上げることができます。 


▲ヒートマップの導入で「どこまで見られたか?」「どこをクリックされたか?」「どこに注目されているか?」などがわかり、LPの改善に活かせます。(画像出典:Ptmind)


 LPの導入費・運用費の相場は? 


LPの導入にあたって、気になるのは予算かと思います。そこでLPに関連する費用や相場を調べてみました(※BRANU調べ)。

 《LP制作費相場の中心価格》

 50万円~150万円 

制作内容や依頼先の企業規模によって異なります。受注という明確な目標があるため、妥協しないケースがほとんど。

 《LP広告費の一般的な相場》 

 月額20万円~50万円 

最初は20万円程度から試してみて、経過を見ながら調整していく会社さんが多いようです。費用を掛けるほど集客で優位になることもあり、高額な広告費を掛ける工事店もいます。

 《LPO(LP最適化)対策費相場の中心価格帯》 

 月額15万円~30万円 

ツールだけの提供からページ修正・コンサルティングとのセットなど、内容によって費用が変わります。 


 LPは高い?安い?費用は回収できるの? 


LPの制作費・運用費の相場をご紹介しましたが、意外と費用を掛けている印象があるかもしれません。それでも多くの企業でLPが採用され続けているのは、やはり結果が出ているからと考えられます。

たとえば制作費が120万円で広告費を毎月20万円掛けたとすると、年間でおよそ360万円の費用が掛かります。しかし粗利60万円の工事を2ヶ月に1件(年間6件)受注できれば、その年のLP関連費用は回収できたことになります。しかも制作費が割賦払いの場合は費用はほぼ広告費だけになるので、回収のハードルはさらに下がります。

 (算出例)
総費用 360万円
粗利    60万円×6件
    ±0万円


「うちは工事単価が安いから、回収できるかどうか…」と心配される方もいるかもしれません。実はLPでは単価が安いほど即決されやすい特徴があります。水漏れ緊急修理店のほとんどがLPを積極的に採用して利益を出し続けているのも、そんな理由があります。
コロナ禍で世の中の商流がオンラインに移行している今、LPからの受注はますます注目されています。



 

 さいごに~BRANUができる支援 


ここまでLPの概要からメリット・デメリット・相場などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 
LPが結果を出しやすい理由はご理解頂けたかと思いますが、やはり一番のネックになるのが「効果を出していくには手を掛け続ける必要がある点」かと思います。

現場や部下の教育などで、まとまった時間がうまく取れない方も多くいらっしゃるかと思います。 BRANUが目指していることの1つに、建設業界を支える方々が「本業に専念できる環境を作ること」があります。
多忙な皆さんに代わって、ヒートマップを用いてLPの最適化を図ったり、広告を適切に運用したりするメニューもご用意しております。 もちろん、LPの最適化だけ、広告運用だけ、ヒートマップだけ、といった部分的な請負も可能です。

ご興味のある方、もう少し話を聞いてみたいという方は、ぜひお気軽にお問合せください!

★無料資料ダウンロード★

上記をまとめた資料をご用意しております。ご希望の方は以下をご記入のうえ、「送信して無料ダウンロード」ボタンを押してください。折り返し、ダウンロードリンクのメールをお送りいたします。