お役立ち資料

求人獲得に成功している建設会社さんのホームページの特徴とは?(チェックシート付き!)

建設業界は、慢性的な人手不足が続いています。
給与や休暇など、待遇や条件を良くしても、 求人獲得が一向に好転しないケースも多々あります。
そんな中でも、求人を獲得できている会社はあります。この差はいったい、どこにあるのでしょうか?

そこで本記事では、会社の「ホームページ」に注目してみました。「求職者の88.7%が、就職先のホームページを確認する」 というデータがあるためです。
求人媒体を見た求職者が 気になった会社のホームページを見て、 そのまま応募へ進んでもらうには何が必要か? 
その要点をまとめてみました。 


 DATA 1:求職者は会社のホームページを見ている    


転職媒体のアンケート調査によれば、求職者が候補先の会社について調べる際、会社のホームページを調べる人がおよそ9割にのぼることが分かっています。



求職者にとって、「自分の将来を預ける会社がどんな会社か?」「自分に合っている会社か?」などを、応募前に精査するのは必然といえます。特に、仕事に就きながら就職活動を行う転職者は時間が限られているため、不明点を電話で問合せることなどが難しい状況です。
そのため会社のホームページに掲載されている内容が、重要な情報源です。逆に言えば、欲しい情報がなければそこで候補から外れることを意味します。


 DATA 2:「会社」について求められている情報    


求人を獲得するうえで、必要な情報をホームページに載せることが重要なのは分かりました。では具体的に、どんな情報が必要なのでしょうか? ここでは「会社」「仕事」「待遇」の3つの項目に分けて、それぞれランキング形式で、転職者が求めている情報を分析してみました。



まず「会社」の情報について確認したい項目を見てみましょう。
1位は「展開する事業」。事業内容から将来性や安定性を測っているようです。新規展開した事業などの情報が漏れていたら、更新しておきましょう。3位の社風については、スタッフブログなどで垣間見ることのできる「先輩社員の生の声」を確認する傾向です。こちらも更新しておくと良いでしょう。 

 CASE:会社情報の掲載実例       

左:日本空調メンテナンス様の例。会社紹介ページでは代表挨拶のほか、今後のビジョン、経営理念などを網羅。真摯な企業姿勢が伝わってきます。
右:塚本建設様の例。代表挨拶を通常の文章で示すほか、一問一答形式で代表インタビューを掲載。会社が向かっている方向も、ここから読み取れます。


 DATA 3:「仕事」について求められている情報     

次に「仕事」について確認したい項目を見てみましょう。
1位は「仕事の詳細」で、作業内容を知ることで自身の技能が活かせる職場かどうかを測る傾向があります。また未経験者にとっては具体的な業務をイメージできる貴重な部分になりますので、なるべく細かく記すのがおすすめです。



2位の「仕事のやりがい」や4位の「仕事の難しさ」、6位の「先輩社員の成長度合」は「社員インタビュー」を掲載することで、いずれも回答を示すことができます。 そして意外と大切なのが3位の「キャリアステップ」です。将来像が見えた方が、やはり安心して応募しやすくなります。 

 CASE:待遇情報の掲載実例      


左:日本空調メンテナンス様の例。先輩社員のインタビューを通じて仕事のやりがいや難しさを示しつつ、キャリアステップ例も紹介。評価制度についても提示しています。
右:阿部電機様の例。電気工事士として働くメリットのほか、1日の仕事の流れを分かりやすく紹介。未経験者でも就労イメージができます。


 DATA 4:「待遇」について求められている情報      

最後に「待遇」について求職者が確認したい項目を見てみましょう。この項目は求職者の生活に関わる重要な部分ですが、現場優先の建設業界にとっては表記が難しい分野です。



求人票には法規に従った表記をしているとは思いますが、経験者であれば、そのあたりは察しがついているはずです。問題は「で、実際どうなの?」というあたりになるかと思います。
代休や休日手当など、年間休日が105日未満など条件が悪かった場合でも、代わりのメリットや救済措置があることを明示しましょう。とはいえ昨今の人材不足や働き方改革の影響で、週休2日を実現している建設会社もあります。待遇改善は前向きに検討しましょう。 

 CASE:待遇情報の掲載実例      


左:日本空調メンテナンス様の例。有休消化率、平均残業時間などを具体的な数値で紹介。求人票だけでは見えない「実際の勤務状況」がイメージできます。
右:慶和空調様の例。資格支援制度(全額支給)のほか、福利厚生として各種保険などを細かく紹介。求職者目線で不安を払拭するコンテンツが目白押しです。


いかがでしたでしょうか。御社のホームページには、求職者が求めている情報は掲載されていますでしょうか?
求人獲得のため「よく見せたい」という思いになってしまいがちですが、結局、会社・仕事・待遇が想像と違っていたら、採用に至ったとしても長く続きません。また採用に関わった時間も互いに無駄に終わってしまいます。
これを避けるためにも、求職者が求める内容を、なるべく正確な情報でホームページ上に網羅することが、長く勤続してくれる人材の求人獲得の成功の秘訣といえます。

以下のフォームで入手できるダウンロード資料では、上記の情報をまとめたチェックシートを加えています。
プリントアウトして、ぜひ御社のホームページチェックにお役立てください!

★無料資料ダウンロード★チェックシート付き★

上記をまとめた資料をご用意しております。ご希望の方は以下をご記入のうえ、「送信して無料ダウンロード」ボタンを押してください。